シミの原因となるお肌の摩擦

シミの原因となるお肌の摩擦

シミ状に見えるものが 実は以外な原因でできていることがあります。

 

例えば お肌をこすってしまうことで シミ状になることがあります。

 

お肌をこする、といっても 垢すりのようなものでこするようなケアをしていないのにどうして?と不思議に思うでしょう。

 

ですが、実は毎日のちょっとしたスキンケアには こするというシーンがとても多いのです。

 

メイクを落とす際に クレンジングをお肌にこすりつけたり、タオルで顔をこするように拭いてしまったり。

 

化粧水や乳液を付ける際に 顔にこするようにつけているという方も少なくありません。

 

こするといっても 大したことではないように見えても、お肌のお手入れ時に スキンケアアイテムをたくさん使う場合、一日のうちに何度も顔をこすっていることになります。

 

うっかり お肌に負担をかけてしまい、それが原因でシミを作ってしまっているのです。

 

そのままにしておくと 黒ずみのようになってしまいます。

 

どうでしょうか?

 

シミ,肌,摩擦

 

ドキッとされた方は 今すぐ毎日のスキンケアを見直してみましょう。

 

洗顔料やクレンジング剤は お肌に負担となりにくいものを使うことが鉄則です。

 

どうしてもスクラブ剤を使いたいという場合は、肌に負担になりにくい材質のものを選んで 頻繁に使わないように気を付けましょう。

 

そして水分をぬぐう際にはタオルで顔をこすらないようにしましょう。

 

また、化粧水や乳液などをお肌につける際は こすりつけないようにします。

 

コットンでなじませる方は、コットンがお肌に摩擦を引き起こすことがありますので注意しましょう。